12
1
3
4
6
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

「いのち輝くいい話2」に掲載されました。

日本看護協会が編集し、河出書房新社から発行されている「いのち輝くいい話」という本をご存知ですか
看護にまつわる感動のエピソードを募集する「忘れられない看護エピソードコンテスト」の応募作品を収録した本です。
その第二弾「いのち輝くいい話2」が、10月27日に発行されました

201610 kanngohon (2)

なんとこの中に、おかたに病院での話も載っているのです
「最後のおうどん」というタイトルで、患者さんのOさんのことを書いています。
詳しくはこちら→「http://okatani.blog112.fc2.com/blog-entry-1513.html

201610 kanngohon (1)

以前に応募したものが、時を経て、本という形で手元に戻ってきました。
Oさんとの思い出がよみがえってきます
どの話も感動的で、読めば、明日を生きる力が湧いてくる本です
全国の書店に置いてあると思いますので、ぜひ一度お読みください

こどもインフルエンザ予防接種

めっきり寒くなってきましたね
11月には毎年恒例の、職員のこどもインフルエンザ予防接種を行いました。
うちのこどもたちも、もちろん予防接種をしてもらいに行きましたよ~。
今年は例年より希望者が多く、1回につき50人以上の申し込みがありました

201611 kodomoinnhuru (1)

待合室はさぞ込み合ってるかと思いきや、意外とスムーズに進んでいきました。
でもやっぱり、注射の時には号泣する子も・・・
大人でも痛いですもんね

201611 kodomoinnhuru (2)

これで今年はインフルエンザにかからないといいなぁ
協力してくれたスタッフのみなさん、ありがとうございました。
こどもたちもお疲れ様でした

16年 M中学校職場体験

11/9(水)~11/11(金)にかけてM中学校の職場体験を受け入れました
今回は6名の中学生がおかたに病院にやってきました
親族に医療関係者がいたり、医療の仕事に関心がある方が来てくれました

オリエンテーションを真剣に聞き・・・
16 M中学校職場体験②

血圧測定もみなさん上手にできていいましたo(^▽^)o
16 M中学校職場体験⑦

薬剤科では、実際に入院している患者さんが飲むお薬を一包化する作業をお手伝い
もちろん薬剤師さんがしっかり指導してくれます
16 M中学校職場体験⑥
間違えたら大変とみなさん真剣にお薬を探していました( ^o^)

病棟では初めて見る「胃瘻」にびっくりしたり・・・
患者さんとたくさんお話しして「頑張ってね」と言われたと嬉しそうでした
16 M中学校職場体験⑤

デイサービスでは、恒例の中学生による出し物を頑張りました
指の体操をいくつか考えてきてくれ、6人という人数を活かして部屋全体に散らばり、利用者さんに教えてくれました(*^-^*)
16 M中学校職場体験④
利用者さんの隣に中学生が座り、とても楽しそうに一緒に交流していました(^∇^)

6名とも医療の仕事により興味をもったそうです
また高校生になったら体験に来てね~(*^-^*)/

16年 医系奨学生学習交流会(*^-^*)♪

11/6(日)に医系奨学生の学習交流会を行いました\(^o^)/
これは、奈良民医連3法人の医系奨学生と学生担当の職員とで学習・交流する企画です
去年までは看護の奨学生のみでやっていましたが、今年からは薬学生と医学生の奨学生も一緒に行いました
看護学生は12名、薬学生と医学生はそれぞれ1名ずつ参加してくれました

学習のところでは、医学生さんから、9月の医系学生合宿で被災地の福島に行ったときの話を聞き、班でグループワークをしました
16 奨学生学習交流会②
津波の被害が残ったままの学校の様子、(最近ニュースでも話題になっていますが…)被災者であることを隠さなければ避難先で誹謗中傷に合ってしまう、避難指示地域に近づくと徐々に激しくなる線量計の音を聞き、怖かった…
など、医学生さんは震災から5年経った被災地の現状をとてもわかりやすく報告してくれました

学習後のグループワークでは、民医連で行っている被災者健診・被災地支援・災害訓練などについて、実際に参加した職員から奨学生さんに伝えました
災害時に医療従事者としてどう動くのかや、被災地のボランティアに関心のある学生は多く、皆さん真剣に聞いていました
「災害支援に興味はあるが、1人だとどうしていいかわからない。でも民医連に就職したらそんな機会がたくさんあるのでぜひ行きたい」と言っていた学生の言葉が印象に残りました

グループワーク後に、それぞれの班で出た意見や感想を発表してもらいました
16 奨学生学習交流会③
難しい内容もありましたが、同世代の学生の発表にいろいろと感じた様でした。
民医連が行っている被災者支援についても奨学生に知ってもらうことができました
就職した後に被災者健診など関わる機会もあると思うので、今回学んでもらって良かったと思います(*^_^*)

昼食後は交流企画です
全体での自己紹介ということで、自分を表す言葉を書き・・・
16 奨学生学習交流会①
班ごとに発表しました(^O^)
16 奨学生学習交流会④

みなさん個性たっぷりで面白い発表でした
16 奨学生学習交流会⑤

自己紹介の後は、お菓子を食べながら、3月に行う新入生歓迎企画のPOEN(ポエン)について検討しました(*´v`)
ポエンは先輩学生と職員で新入生を歓迎する企画で、泊まりで学習・交流します♪(*^^)
今年は3/19(日)~3/20(月・祝)にかけて行います

このPOENも去年まで看護学生のみで行っていましたが、次回から医系学生合同で行います
今日参加していた学生から、「学習」「交流」で何をしたいかと「夕食」で何を作りたいのか、たくさん意見をもらったので、3月までに検討していきたいと思います(´∀`*)

1日という長い時間でしたが、学部や学年を超えて交流できた1日になりましたヽ(´∀`)ノ

生活保護学習会

11月9日(水)午後、エルトピア奈良にて「生活保護学習会Ⅳ」(ソーシャルワーカー部会主催・岡谷会教育委員会・社保闘争委員会共催)を開催し、40名が参加しました。

テーマは、「受療権・生存権を守るために、通院交通費について考える」です。
吉田病院・地域医療連携相談室ソーシャルワーカーの赤山泰子さんと、奈良県生活と健康を守る会連合会事務局長の飯尾大彦さんを講師に招き、お話を聞きました

seikatuhogogakisyuukai.png

赤山さんから、生活保護の8つの扶助の内の通院交通費(移送費)の位置づけ・根拠・意義などについて分かりやすく説明され、現在行っている移送費裁判について紹介されました。
飯尾さんからは、申請相談を行った際のことや裁判について話されました。

講演の中で、緊急小口資金(無利子の貸付制度)について、保護課のケースワーカーから「支給できるかどうかはどれだけ米が残っているかで判断する」と言われたという話がありました。
米さえあれば生活できるのか、憲法25条の「健康で文化的な最低限度の生活」はそんなものなのか、そのような発言をすることの重大性を理解して言っているとすれば大いに問題がある、と訴えておられたことが印象的でした

やくしの里 秋の運動会

11月11日、やくしの里3階で少し遅い時期ですが、「秋の運動会」を行いました。
万国旗を飾っていると、利用者様より、「そこやと見えにくいから、もっと手前や~などアドバイスを頂き、皆様もやる気満々の様子でした。

やくし運動会

初めに、利用者様による選手宣誓から始まりました
大きく元気のいい声で気合が入り、鉢巻きを巻いている姿は若々しかったです。
競技はボール運びのリレーや玉入れなど皆様、張り切って参加されました。
職員も飴食い競争で顔を粉まみれにしながら体を張って、利用者様に笑って頂けるように頑張りました

すべての競技が終わりいよいよ閉会式となった時に、感極まり涙を流されている利用者様がおられ、「ありがとうと一言おっしゃられました。
それを聞き、運動会をして本当に良かったと思いました  
  
3F介護士 O

看護介護活動研究交流集会 in 新潟 2

発表者5人は、それぞれ分科会やポスターセッションの準備をし、発表を頑張りました。
発表終了後、「緊張して、手の汗が止まらなかった~というメンバーも。

201610 新潟 (3)

分科会で質問がたくさん来たメンバーは、「こんなに質問が来ると思っていなかった~とびっくりしていましたが、きちんと質疑応答できており、見届け隊として参加した私には頼もしく感じられ、当院スタッフの成長が感じられる機会でもありました。
また、他の院所の発表にも興味深い演題があり、参加者それぞれ学ぶものがありました。

201610 新潟 (4)

個人的には、来年度の新人教育に参考になる分科会があり、そこで発表者の方に「資料を送って欲しい」などのおねだりもしてみたり。
皆さんとても優しく「いいですよ~」と言ってくださる方ばかりで、本当にありがたかったです。
(送っていただいた資料を参考にさせていただきます

201610 新潟 (2)

発表を頑張ったご褒美はやはり楽しい食事
夜はみんなで新潟の街へ。(私は発表者ではなかったのですが、もちろんちゃっかり参加。)
居酒屋さんでおススメの魚介類やおいしいお米をいただき、「さすが新潟や~魚もお米もホンマ旨い~」と関西弁全開で楽しみました。

201610 新潟 (1)

帰りの飛行機が遅れるなどのトラブルはありましたが、最後に新潟空港で新潟名物の“へぎ蕎麦”までちゃっかりいただいて、無事関西に戻ってきました

なかなか遠い新潟でしたが、看護介護活動研究交流集会に参加できたことで、それぞれ学びがあり、また次の課題への礎になったと思います。
参加したメンバーがいろんな形で病院に“お返し”してくれたらと願います
忙しい中、我々を新潟に行かせてくれた現場と病院に感謝します
ありがとうございました。

4階病棟 師長

プロフィール

おかたに病院看護部

Author:おかたに病院看護部
奈良市南京終町にある、地域に根ざしたおかたに病院の看護部ブログです。
看護師のこと、職場のこと、看護学生のこと、看護体験のこと、キラリ看護・・・などなど、病院でおこるいろいろなことを書いていきたいと思います♪

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

リンク

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ