08
1
3
5
6
8
10
11
12
13
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

夏の高校生医師体験

春に引き続き、この夏も高校生1日医師体験を開催しました。
8/1~8/12の間、おかたに病院へ計12名の医学部志望の高校生から申込みがありました

2016 夏医師体験 (2)

おかたに病院看護師長たちによる血圧測定レクチャー、検査技師・放射線科技師たちによるエコーレクチャー、ICLSを受講した看護師や理学療法士たちによるBLSレクチャーなどを行いました

2016 夏医師体験 (3)

また、予定を変更し、看護学生夏期研修に参加させてもらったり、友の会が運営する『なごみよりあいどころ』で患者さんたちとお話しをさせてもらったことも
1日の締めくくりとして、おかたに病院の医師たちに「気になることは何でも聞いてみよう!」と、医師との懇談も行いました。
「医師のイメージが変わった」「改めて医師を目指そうと思った」「大変だがやりがいのある仕事だと思った」など、書き尽くせませんが、それぞれ様々な感想をくれました

2016 夏医師体験 (1)

医学部志望の高校生たちにとって、『病院』は特別で独特な空間であり、最初は皆とても緊張していました。
ですが1日を通し、様々な職員たちと触れ合う中、次第に緊張もほぐれて、帰り際には皆、「また、おかたに病院へ来たいです」と言ってくれました
「医師と看護師はもちろん、みな仲が良く温かさを感じた」「どの職員さんも明るく、とてもアットホームで、居心地の良さを感じた」など、おかたに病院の雰囲気を気に入ってくれた様子でした。
『高校生1日医師体験』に興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいね

保育所で医学生実習

院内保育所のぞみに、医学生のAさんが来てくれました

IMG_7272.jpg

Aさんは、毎週月曜日におかたに病院に実習に来てくれていて、全部で10回の実習を予定しています。
内容はさまざまで、医師以外の職種も知ってもらおうと、これまでにもいろいろな職場を体験しました
今回はAさんが、「院内保育園を見てみたい」と希望してくれたことから、初めての院内保育所での実習となりました。

IMG_7273.jpg

保育所に行くと、子どもたちが喜んで寄ってきてくれました
最初は人見知りしていた子どもたちもすぐに慣れ、一緒に遊んだり、絵本を読んだりして過ごしました。
お昼ごはんの時間には、小さいお子さんの食事を手伝ったりしました

IMG_7270.jpg

Aさんは、
「普段は子どもに接する機会がなく、うまく接することができるかわからなかったけど、みんなとても可愛くて、みんな寄ってきてくれて楽しかった」
「保育園には行くことはないので、いい経験ができた」

と感想を話してくれました

「まだ自分の意思を言葉で発信できない子に対して、どういう訴えがあるのかなど、小児を見る視点でも良い経験になった」と、医学生らしい視点でも、有意義な実習となったようです。

これからも実習を頑張ってくださいね

医師を目指す高校生のための企画

11月29日(土)の午前中に、おかたに病院で、医師を目指す高校生向けの企画を行いました。
夏休みや春休みなどの長期休みには医師体験を行っているのですが、長期休みのない秋にも企画をと考え、今回土曜日に開催しました。
土曜日が休みの公立高校2年生が3名参加してくれました

20141129医師体験1

校内に掲示板があり、そこに貼られていたチラシを見て、友達を誘って参加してくれたそうです。
「廊下を歩いていたらチラシが目に入り、二度見しました。これは行きたいと思いましたと、期待を持って参加してくれました

最初の企画・病院の紹介、自己紹介などの後は、医師の仕事についての説明を行いました。
水野副院長より、どのような医学部生活を過ごし、現在どのような仕事をしているかを話してもらいました
やりがいや苦労など、リアルな医師の仕事が分かるものとなりました。

20141129医師体験3

次は血圧測定体験です。
病棟の看護師Kさんと、現在看護学校3年生のKくんが講師として参加してくれました。
実は岡谷会の医学生担当者とKくんは、保育園時代からの幼馴染なんです
そんな繋がりもあり、国試勉強に忙しい時期でしたが、企画に来てくれました。
高校生たちは、血圧測定で聴診器を渡すと、「これ使ってみたかったんです♪」と喜んでくれました。
確かに、聴診器を持つと医師って感じがしますもんね
Kくんも「教えるって勉強するいい刺激になりますね」と、企画参加を楽しんでくれたようです。

20141129医師体験2

小さい頃から憧れていたり、テレビなどの影響もあり、医師になりたいという3人は、今回の企画に参加して「今後も医師になる事を目指して頑張れそう」と、モチベーションが上がったようです。
今後も医師体験などに参加して、頑張っていってほしいですね


白衣姿でダンシング!!

11月16、17日、神戸市内で第12回近畿地協医学生担当者ゼミナールが開催されました。
近畿各県から33名が参加しました。

gakusyuu.jpg

1日目は、初めての試みとなる「医学生担当学術運動交流集会」。
担当者全員が、自らの取り組みと実践を発表しました。

1日目の学習講演は、中田進先生(関西勤労協)による「科学的なものの見方・考え方」。
中田先生の、テンポがあり、ユーモアたっぷりの講演に引き込まれつつ、参加者は「ものごとをありのままにとらえる」、「木も森もみる」を目の前の医学生に引き寄せて考え、学びの意欲を高めていました。

夕食交流会では、恒例の各県からの出し物を発表しました。
参加者を圧倒したのは奈良のコスプレダンス?でした。
それぞれが衣装に工夫を凝らし(僕は看護部から借りた白衣で臨みました!)、ゴールデンボンバーの「女々しくて」を踊りながら、担当者紹介を行いました。
ちょっと自虐的な内容が会場を沸かせていました。
心配していましたが、うけたのでホッとしました。

写真

2日目は、メイン企画、群馬民医連事務局長の講演です。
学生との関わりの経験などを豊かな内容で語っていただきました。
参加者の知的刺激とモチベーションを高める講演でした。

今回学んだことを生かして、今後も医学生と病院をつなぐ役割を担っていきたいと思います。

おかたに病院 医局事務・医学生担当 村尾優太

「先生、格好良いですよね!」

12月28日(月)に岡谷会1日医師体験を開催し、6名の高校生が参加してくれました。

おかたに病院を知ってもらい好きになってもらおうということで、
院内見学とBLS講習、医師との懇談などを行いました。
院内見学ではたくさんの職員に関わってもらいました。

DSCN1445.jpg
リハビリ科で説明を聞いています。

DSCN1441.jpg
透析室も見学しました。

DSCN1450.jpg
手術室の頼りになる看護師さんたちです

BLS講習では竹川副総看護師長にも手伝って頂き、凄く助かりました。

DSCN1452.jpg

お昼からはおかたに病院のエース(?)、水野医師との懇談をしました。

参加してくれた学生さんからは、
「なんで医師になろうと思ったんですか?」
「毎日どんな事をしているんですか?」
「やりがいは何ですか?」
「大学の雰囲気は?」
と多くの質問が出て、終了予定時間を越えてしまうくらいに楽しい懇談になりました。

最後に感想を聞いている時には、「先生、格好良いですよね」という発言も…。

女子高生にモテモテの水野医師でした

DSCN1457.jpg
一番後ろが水野医師です。

3月には医学部に合格した方のための「合格おめでとう会」を開催予定ですので、是非参加してください。

急にブログにお邪魔しましたが、今後も神出鬼没で登場したいと思いま~す!

おかたに病院 医学生担当 小柴

プロフィール

おかたに病院看護部

Author:おかたに病院看護部
奈良市南京終町にある、地域に根ざしたおかたに病院の看護部ブログです。
看護師のこと、職場のこと、看護学生のこと、看護体験のこと、キラリ看護・・・などなど、病院でおこるいろいろなことを書いていきたいと思います♪

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ