10
1
3
5
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

2017 模擬面接会

9/9(土)吉田病院、9/16(土)おかたに病院、9/23(祝・土)土庫病院と3回に分けて、模擬面接講座を開催しました
看護学校を目指す高校生や社会人の方がそれぞれ参加されました(^∇^)

土庫病院では最も多い21名の参加者になり、会場は満員になりました
2017 模擬面接②

模擬面接会では、まずは師長さんより「マナー講座」をしていただき、面接の基本となるマナーや身だしなみ、話し方などの注意点を学びました
2017 模擬面接③

マナー講座の後は、面接の練習スタート
受験生として質問に答えるだけでなく、面接官の役割も参加者の方にしてもらいます
2017 模擬面接④
面接官として受験生を見ると、良い点や悪い点がよくわかります(*^_^*)
気付いたことは、面接後の振り返りで共有し、次の自分の面接に活かしてもらいます
皆さん1回目は緊張もあり、入退室などがぎこちなかったり、予期せぬ質問に対応しきれない様子もありました
でも2回目以降は注意点に気をつけ、良いところはそのまま意識し、たった2回の練習ですが見違えるように良くなっていました

もう受験は始まっていて、推薦入試や一般入試を控えた方ばかりでした
当日までに先生や家族、友達もつかまえて何度も練習して、自信を持って面接に挑めるよう頑張ってくださいね!!o(^▽^)o
医療関係のニュースや志望動機など、事前にしっかり準備しておくことも大切です
皆さんが合格して、来年の「合格お祝い会でお会いできることを祈っています

健康ミニ講座「有酸素トレーニング」について

9月のミニ講座では、「有酸素トレーニングの効果」と題して、お話と運動をしました
 
皆さんは、有酸素トレーニングを何かしておられますか?
有酸素トレーニングには、ジョギング・水泳・サイクリング・なわとび・踏み台昇降・エアロビクス・ラジオ体操などと、たくさんあります

17年9月健康ミニ講座①

有酸素トレーニングは、酸素を多く取り込みながら行うことで、呼吸は普段よりも軽く弾む感じになり、人と会話ができる程度で、少し汗ばみ、30分~1時間やろうと思えばできて、誰かと競う必要もなく自分のペースで楽しみながらできるトレーニングです
単純でリズミカルな動作を最低10分以上反復することで、効果的な有酸素トレーニングになります
有酸素トレーニングは、酸素によって脂肪が燃焼でき、足腰の強化に役立ちます
また、足を強化することで血流が良くなり、心臓の負担を軽減することができます\(^o^)/
血流が良くなることから、ストレス解消・ダイエット効果・生活習慣病の改善と予防など、いろんな健康効果につながります
トレーニングの時間を作れる時は目的に合わせて、自分にあったトレーニングを行ってみましょう

今から始める方は、まずは、1日のうちで有酸素トレーニングを行う時間が20分の場合も、1回10分で2回に分けて行ってみましょう
ダイエットが目的の方は、20分以上トレーニングを行うことで、内臓脂肪を燃焼して減らすことができます。
ただし、無理は禁物です!

17年9月健康ミニ講座②

体を動かして体内の余分なエネルギーを発散させることで、爽快感を感じてリラックスすることで気分転換になります+.(*'v`*)+
皆さんも、有酸素トレーニングを日常生活に取り入れてみましょう

ミニ講座の最後には、室内で出来る「その場足踏み」と「ウォーキング」を参加者と実践して終了しました

学んだことを現場で活かす~介護職員初任者研修

今年度の4月より、平和会、健生会、秋篠茜会、岡谷会の4法人が協力しあい、介護職員初任者研修を開催しています。
8月に第2回目の研修が修了し、18名の受講生のうち14名が修了試験に臨み、無事に合格されています。
現役講師による講義のため、現場の生の声が聞けて良かった、内容の専門性が高いという意見や実習があることや演習内容などにも受講生より好評を頂いています。

介護初任者研修写真1709

また受講後、現場に戻られてからも、資格を持つことで仕事に対しての意識の変化や、「学んだことを活かして仕事に活かせる」と全員がアンケートで返答されています。
受講生は現役で働きながら受講される方がほとんどで、残念ながら4法人ではありませんが、介護未経験の方が資格取得後、グループホームに就職されています。

現在、どこの介護現場も人材不足で、無資格、未経験の方でも採用しておられる事業所がほとんどだと思われます。
もちろん現場で学ぶこともたくさんあります。
現場で学ぶこと+根拠に基づいた介護を学んで行くことが介護現場での人材の定着や、介護職全体のスキルUPにもつながっていくのではないかと考えています。


岡谷会事務局 介護研修準備室

9月1日は防災の日!

さくら診療所では、9月1日の防災の日を前に8月24日に火災を想定した避難訓練を実施しました
防災管理をしていただいているミカサ商会さんにご協力いただきました

いつもは職員のみで実施していますが、今回は実際に近いよう、初めてあおがき利用者の方にも参加していただき、いかに速やかに避難できるか、職員は速やかに対応できるか試しましたo(^▽^)o

職員間では事前に役割分担の確認と避難経路の確認をしておき、当日はそれぞれの役割をスムーズに行動するよう務めました。
訓練と分かっていても、実際に火災報知機の大きな音がするとドキッとします(’0’)
1度はベルを止めます。
これはベルが鳴り続けると冷静な判断、行動ができなくなる為だそうです
ただ、5分後にはまたベルが鳴り出すので、いかにこの5分間にすばやく冷静に動けるかが鍵となります
避難訓練で一番困ることは、指示を聞かずにそれぞれが勝手に逃げることだそうです
今回は事前に避難訓練への協力を呼び掛けていたこともあり、職員、利用者とも冷静に指示に従って素早く行動できました

避難し、点呼で安全確認をしたあとは水消火器を使い、消火訓練を実施しました
煙や炎の先に水をかけても消火はできないという事で、三角コーンを火元に見立てて根元にしっかりかけるよう教えていただき、一人ひとり実践していきました
17 さくら診防災訓練①
いざというときのために、消火器の設置場所を確認しておき、すぐに使えるようにしておくことは大事なことです

消火訓練のあとは職員とあおがき利用者の有志の方とで避難器具(スローダン)の使い方の確認をしました。
もしも3階で逃げ遅れた場合にはレクチャーホールに設置してある避難器具を使い1階まで降りなくてはいけません
大きな窓を開け、ベランダも何の足場も無い状態のところに足を踏み出すのにはとても勇気がいります
今回はミカサ商会の方に見本を見せていただいた後、スタッフ1名と希望者1名が実際に使用して1階まで降りました。
17 さくら診防災訓練②避難器具の確認

17 さくら診防災訓練③避難器具の利用

特に職員は使用方法を確認しておく必要があります
今回、避難訓練を実施し、いざというときのために実際を想定して、利用者の方も一緒に訓練を行う必要性を感じました(*^-^*)

17年夏 ぷちナースセミナー

7/31~8/2と8/21~8/23の2回に分けて、夏休みの看護学生研修「ぷちナースセミナー」を行いました
岡谷会の看護奨学生やその友達など、合わせて27名の参加がありました
参加した学生さんは、病棟研修(日勤・準夜)、BLS(一時救命)、採血実技、老健施設、デイサービス、訪問看護、診療所・・・など、様々な内容で学びました

看護師さんに見守られながら、職員の腕を借りての採血練習は緊張の瞬間
みなさん上手にできていて、終わった後は拍手が起こりました
17 ぷちナース①

若手看護師も、講師として、将来一緒に働く学生さんにしっかりと指導してくれました
17 ぷちナース④

病棟の研修も全学年で行いました
来年就職の学生さんは、看護師さんと一緒に1日病棟で研修し、実際の看護師さんの1日の動きに合わせて研修しました
電子カルテを真剣に見る学生さん達
17 ぷちナース②
準夜での研修も行い、19時過ぎて外はすっかり日も沈んだ中で頑張っていました(^∇^)
17 ぷちナース⑤

職員との交流会も行い、看護師や師長さんだけでなく、理事長や事務長も参加し、楽しく交流しました
17 ぷちナース③
ジェスチャーゲームをして、職員も学生もごちゃ混ぜで盛り上がりました
普段見れない職員の姿に思わず笑ってしまいました
学生さんも緊張がほぐれ、楽しんでいる様子でした

来年もぜひご参加おまちしています\(^o^)/

平和な時が続きますように

片桐民主診療所では、毎年「平和のつどい」という企画をしています

今回はT看護師がアウシュビッツ強制収容所に行った時の話や、井戸医師の辺野古支援の話、看護部総会で勤続年数50年のS看護師が話をした時の動画を鑑賞しました。

片桐診平和のつどい写真2

いろいろな経験を共有した後は、お待ちかねのバーベキュー
サラダや焼きそば、おにぎりまで昼から参加できる職員で準備をしました。
費用を抑えるために、野菜の差し入れもいただきました
子どもさんも参加してくれていたので、最後は花火をして楽しく終えました

片桐診平和のつどい写真1

これからも平和のつどいで仲間と交流できる時間が持てますように

やくしの里夏祭り2017

「ドドン!」と宝亀殿の太鼓の音で始まった、2017年のやくしの里夏祭り
8月5日(土)に、台風5号が近づく中での開催となりました。
屋台は10店舗と昨年より多く、焼きそばやパフェ、当てもの等幅広く出店して頂きました

yakusi7.jpg

冷やしキュウリを「固いと言いながらかじる方、輪に入り炭坑節を踊る方、神輿を見て満面の笑みで手をたたく方、皆思い思いにご自分の夏祭りを楽しんでおられました
最後の花火も昨年より多く、それぞれの音や色の移り変わりを「あの色キレイやな」等楽しんでおられました

最後まで天候に悩まされましたが無事に外で行う事ができ、毎日の関わりでは見る事の出来ない利用者様の表情を見る事もでき、とっても収穫となる夏祭りでした

プロフィール

おかたに病院看護部

Author:おかたに病院看護部
奈良市南京終町にある、地域に根ざしたおかたに病院の看護部ブログです。
看護師のこと、職場のこと、看護学生のこと、看護体験のこと、キラリ看護・・・などなど、病院でおこるいろいろなことを書いていきたいと思います♪

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ