02
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

2018年 看護学校合格お祝い会in吉田病院

1月27日(土)に、吉田病院のきずなルームで、看護学校合格お祝い会を開きました
大学や専門学校に合格した方と、先輩看護学生が参加してくれ、みんなでたこ焼きをしながら交流しました(^∇^)
2018 合格お祝い会①吉田

参加した方は皆さんとってもお元気で、にぎやかにたこ焼きを作っていました(*^_^*)
具材はタコ、ネギ、ウィンナー、チーズ、ツナ、コーンなど
皆さん作るのも上手で、おいしそうなたこ焼きが出来上がりました
2018 合格お祝い会②吉田
特に周りをチーズでコーティングしたたこ焼きがおいしかったです

デザートは全員でデコレーションしたケーキを食べました
女子力発揮と女の子達が2チームに分かれてデコレーション(*´∀`人 ♪

どちらもかわいいケーキが出来上がりました
2018 合格お祝い会④吉田

最後に、先輩看護学生から合格お祝いのメッセージとプレゼントを贈りました
皆さんとても喜んでくれ、先輩看護学生さんから看護学校の話もたくさん聞けて、楽しいお祝い会になりましたね

次回は3月3日(土)に健生会日の出診療所でお祝い会を行います
ぜひ皆さんご参加お待ちしておりますp(*^-^*)q

学習会「放射線画像の見方」

12月27日(水)に、おかたに病院で医系学生のための学習会を行いました
当日は、看護学生25名・薬学生1名の計26名の参加でした
今回の学習会は、放射線技師を講師に、レントゲン撮影・CT・MRIなどの画像の見方や画像からわかる疾患などを学びました
17.12.27 医系学生学習会① 

まず一番大切なのは、基本の画像を覚えることです
解剖を理解することももちろん必須
その上で基本の臓器の位置や形、写り方とどう違うのかを見つけると、その疾患がみえてきます(*^^*)

実際に基本の画像と疾患のある画像を見比べ、学生さんにも一緒にどこがおかしいのかを考えました。
毎年看護師の国家試験にも、視覚素材問題は出ているので、過去問もいくつか解説してもらいました。
頭部CTの問題は国家試験にもよく出題され、脳の出血部位によって画像に特徴があるので、その特徴をつかんでおくようにすると良いです(^∇^)
「クモ膜下出血」「硬膜下出血」「硬膜外出血」などそれぞれの画像を実際に見ながら解説してくれ、実際に見るとその特徴がよくわかりました
CT以外にも、MRI・超音波検査(エコー)・X線透視撮影など、画像を用いる様々な検査を1つ1つ詳しく説明してくれました
 
講義後は、グループごとに順番で放射線科へ行き、MRIやCTなどの機械を実際に見学しに行きました
病院へ就職するまではなかなか見る機会のない放射線科なので、貴重な経験になりました(^∇^)
17.12.27 医系学生学習会⑤

見学を待っているグループは、講師にわからなかったことや、聞きたいことを熱心に質問していました
国家試験を控えた看護学生さんは特に真剣な様子でした
17.12.27 医系学生学習会②
今日学んだことが2月の国家試験に役立つように願っていますp(*^-^*)q

2017年最後の学生企画だったので、学習会後にケーキを食べながら交流しました(^^♪
17.12.27 医系学生学習会③
同じ学校の先輩・後輩や、違う学校・学部、奨学生の同 同士など、皆さん思い思いに話していました。

2018年最初の学習会は2/24(土)に、吉田病院で行います
またたくさんのご参加おまちしています\(^o^)/

2017 国試激励会

明けましておめでとうございます(*^_^*)
今年も看護部のブログをよろしくお願いします

去年の年末12/26(火)に、2月の看護師国家試験を受ける内定者の方を招き、激励会を行いました(^∇^)
全員ではありませんでしたが、奈良民医連3法人の内定者がたくさん集まり、おいしい料理を食べながら交流しました
2017 国試激励会⑤

1年ほど続いた長い実習を乗り越え、あとは2月の国家試験を残すのみ
皆さん勉強を頑張っている様子でしたが、やってもやっても不安になる時期でもあります(>_<)
なので、昨年国家試験を受けた1年目の看護師さんにも来てもらって、いろんなアドバイスをしてもらいました

最後には各法人で準備した「激励グッズ」をプレゼントしました
合格祈願の絵馬は手作り
裏側にはあげる方の名前を使った「あいうえお作文」で、応援メッセージを書いているので、どこにも売っていない世界に1つだけの絵馬になっています
2017 国試激励会②
毎年恒例の、岡谷会伝統の絵馬になりつつあります
皆さんとても喜んでくれました(*^_^*)

あと国家試験まで2ヶ月を切りました
激励会でいっぱい食べて、いっぱい笑って、同期とも話して、少しでも元気をもらってたら嬉しいです
内定者皆さんが最善をつくし、無事に合格できるように願っていますo(^▽^)o

2017 国試激励会①

やくしの里 クリスマス会

2017年やくしの里クリスマス会を、12月13日に行いました
今回のテーマは「わろてんか やくしの里歌謡祭」です。

やくし_すてきな仲間12月号_写真2

キャンドルサービス、ハンドベルで始まり、金色夜叉、寅さん、瀬戸の花嫁の曲に合わせたおもしろ喜劇を見て頂きました
寅さんの登場では、皆さん握手を求められ大いに賑わいました。
「汽車に乗って」「四季の歌」をみんなで大合唱

今年も、長岡先生がサンタクロースに変装してもらいました。
また北島三郎に変装した職員3人からクリスマスプレゼントのケーキ引換券をもらい、おやつにはいつもより豪華なケーキを美味しくいただきました
笑いあり、大笑いありの1時間を皆さんと楽しく過ごすことができました

2017年11月健康ミニ講座『健康食品について』

11月の健康ミニ講座は、しあわせ薬局・薬剤師に『今話題の健康食品・サプリメントについて』をテーマにお話していただきました
健康食品やサプリメントについて興味を持っておられる方は多いようで、たくさんの方が参加してくださいました(^∇^)
17 11月健康ミニ講座①

《講座の内容》
健康食品=健康の保持増進に役立つ食品全般
サプリメント=特定成分が濃縮された、錠剤やカプセル形態の製品
※口に入れるものは医薬品以外、全て『食品』です。

食品の1つである・保健機能食品には☆特定保健用食品☆栄養機能食品☆機能性表示食品が含まれます

特定保健用食品は、保健機能食品の一つで、体の生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含み、血圧、コレステロールを正常に保つのを助けるなど、特定の効能が認められ、その効能を表示することを消費者庁から許可された食品です。
栄養機能食品は、栄養成分(ビタミン、ミネラル)の機能の表示をして販売される食品です。
栄養機能表示だけでなく注意喚起表示等も表示する必要があります
機能性表示食品は、事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。
販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁へ届け出られたものですが、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

※これらの健康食品をたくさん摂取すれば、より多くの効果が期待できるというものではありません(;'∀')
過剰な摂取が健康に害を及ぼす場合もあるので、注意しましょう
※基本は規則正しい生活とバランスのとれた食事を心掛け、健康食品やサプリメントは足りない分を補うという形で上手に利用していきましょう

健康食品を選ぶ際には・・・
1.成分名を見る 2.含有量を見る 3.問い合わせ先の記載があるか確認する
※「海外製品」「個人輸入製品」に注意する

健康食品、サプリメントを使用する際の注意点
・薬との併用に注意する→薬を飲まれている方は薬剤師に相談しましょう。
・アレルギーに注意する
・複数の製品を同時に摂取しない
・メモを取ったり、ラベルや容器を取っておく


今回も講座後に測定会をしていただき、とても好評でした(*^_^*)
測定していただいたのはロコモチェック・ヘモグロビン測定・骨密度測定です
ロコモチェック
17 11月健康ミニ講座③
ヘモグロビン測定
17 11月健康ミニ講座②

次回の健康ミニ講座は、12月4日『足のむくみ解消トレーニング』です
動きやすい服装でご参加下さい
また、講座終了後に健康チェック(骨密度測定・血糖測定)も行ないますo(^▽^)o

地域包括ケア病棟研究大会報告会

10月27日に、
「第1回The Medical meeting of おかたに病院」
を開催しました。
7月9日に東京で行われた地域包括ケア病棟研究大会の報告と、地域包括ケア病棟で行った治療の報告を行いました。
延べ67人の様々な部署の職員が参加しました

包括ケア病床研究会1711-1

最初に、地域包括ケア病棟について簡単に触れておきたいと思います。
現在、おかたに病院では3階病棟50床全てと、4階病棟21床が地域包括ケア病棟・病床として届出しています
主に急性期治療を終えた患者さんの退院調整までの受入(ポストアキュート)や、在宅・施設利用患者さんの急性増悪時の対応(サブアキュート)を行う病棟・病床になります
入室・入棟後、60日間という入院期間の制限もあります。

包括ケア病床研究会1711-3

地域包括ケア病棟で行ったサブアキュートの報告を医師・看護師・セラピストが行いました。
救命のために様々な処置を行った患者さんの回復経過を実際のレントゲン・CT画像を交え、多職種と連携することで地域包括ケア病棟でもICU並の治療を行うことが出来るということが伝わったと思います

包括ケア病床研究会1711-2

その後、おかたに病院として、患者さんのために今後どのようにしていくべきかを参加されている職員と一緒にディスカッションし、より良い方向にしていきたいという思いを共有しました


学園祭で健康チェック

11月2日~11月4日にかけて奈良教育大の学園祭があり、その初日に健康チェックを行いました
昨年から参加していますが、今年は初日が平日ということもあり、来場者は少なめでした。
それでも、約40名の方が健康チェックを受けられました。
健康チェックを受けられた方の大半は、同大学の職員や学生でした

2017112健康チェック写真

今回行った測定項目内容は、血圧・血糖・体脂肪・骨密度・足指力・動脈硬化の6つ。
その中でも人気があったのは、骨密度・足趾力・動脈硬化測定でした。
骨密度は、測ったことがない、昨年も測ったので今回もという方がありました。
足趾力は物珍しさに受けられる方も…
動脈硬化は1度測ってもらい、「血流(健康状態)がどうなのか知りたい」という方が多かったように思います。

中には血圧・血糖値が高い方、動脈硬化が疑われる方もおられ、医療機関の受診や健診勧奨も行いました
今後も継続し、若い方にも自身や友人、家族の健康に興味を持って頂ける良い機会になればと思います

プロフィール

おかたに病院看護部

Author:おかたに病院看護部
奈良市南京終町にある、地域に根ざしたおかたに病院の看護部ブログです。
看護師のこと、職場のこと、看護学生のこと、看護体験のこと、キラリ看護・・・などなど、病院でおこるいろいろなことを書いていきたいと思います♪

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

リンク

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ