FC2ブログ
   
04
1
7
8
14
15
21
22
28
29
30
   

第26回岡谷会医療・福祉活動集談会

第26回岡谷会医療・福祉活動集談会が2012年3月17日(土)、奈良県文化会館であり、223人が参加しましたテーマは「絆」です

岡谷会の事業所で医療・介護の現場で働く職員が日頃の取り組みを報告しました

zentaikai.jpg

4つの分散会では合計46演題、ポスターセッションには7演題がエントリーされ、質問など活発に行われました
一つの事業所では経験できないような演題もあり、明日からの医療活動に役立てて行けるような内容でした

記念講演は、「被災者に寄り添う医療、震災最前線の絆」の著者・稲光宏子さんが「東日本大震災被災地医療ルポから見えてきたこと」をテーマに話しました

inamine2.jpg

災害支援の時、日頃の活動がそのまま現れ、普段の「地」が出てくると、さて民医連はどうだったか
被災された人の立場に立つ視点のもと、民医連職員の心のこもった医療活動が各所で評判になったそうです
「大丈夫ですか?」の問いかけに東北の人は我慢強く「はい、大丈夫です」と答える。
他からの支援者はこれで終わってしまう。望んでいるところを見逃さず、支え、いっしょにがんばることを民医連は実践した。これが評判を呼んだのだと 

民医連の支援は、まさに『被災された方の立場に立つもの』であった。普段から患者の立場に立ち、地域に根づいた医療をしているからこそだと
「人ごとではない、何をさておいても飛んでいく」という選択も民医連が評価されたポイントだったとのことです

また、被災地の現状について、本に書けない、活字にできないつらい事実やマスコミが報道していないことが多数あり、驚きました。

助け合うことは豊かさを追求するものであり、医療・介護において、絆と人間的なぬくもりが大事
今のような生活ができていることに感謝し、明日どう生きるかを考え、今後の医療活動をして行こうと結び、講演は終了しました。

現地の復興を願いつつ本講演で得たことを今後に十分生かして行こうと思います。

                                        中森 未来夫


プロフィール

おかたに病院看護部

Author:おかたに病院看護部
奈良市南京終町にある、地域に根ざしたおかたに病院の看護部ブログです。
看護師のこと、職場のこと、看護学生のこと、看護体験のこと、キラリ看護・・・などなど、病院でおこるいろいろなことを書いていきたいと思います♪

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ