07
5
6
12
13
19
20
21
26
27
   

海外からの研修生 2

アメリカからインターンシップに来ていた看護学生のSさんが帰国されることになり、レポートと研修証明書と手土産を持って師長室に来てくれました。
以前の記事はこちら→「海外からの研修生 1

201406kaigai3.jpg

1週目 : おかたに病院4階病棟(一般病棟) ~夜勤体験も☆~
2週目 : おかたに病院5階病棟(回復期リハビリテーション病棟)
3週目 : 老人保健施設やくしの里&おかたに病院透析センター
4週目 : 在宅センター往診&訪問看護ステーション
と、6月いっぱいの間、岡谷会各院所でインターンシップを行いました

一所懸命参加し、明るくどこの部署でも楽しんで研修を受けてくれていました。
レポートは、当たり前ですが全部英語だったため、師長室では解読不可能と判断し、英語の堪能な看護師さんに訳をしてもらいました。
すらすら訳してくれる姿に感動しました。
得意な事があるってカッコいいですよね

201406kaigai1.jpg

一部ご紹介します・・・と思ったのですが、感想文がとても良かったので、ほぼ全文ご紹介させていただきます



色々な部署を回り、多くの新しいことを学び、経験しました。
4、5階病棟では、多くの患者さんを受け持つ看護師さんが、どのように立ち回るのか、巡回を行うのか、そして、業務が適切に遂行できているかを確認する一方で、優先順位を決め、バランスをとりながら患者さんへのケアを行なっていることを知ることができました。
この2週間で、看護師さんがいると知りつつも、助けを求めている患者さんと接しているときは緊張しました。
さらに、色々な勤務帯、又リハビリテーションサービスを知ることは良い経験になったと思います。

オペ室では、見学できると思っていなかった多くの手順を見せて頂きました。
オペの準備は、掃除から一連の流れを見学しました。
ドクターと看護師さんがどのように協力しているかを観ることができ感激しました。
清潔区域を維持しなければならないのにもかかわらず、オペ室の全てのものがスムーズに流れていることに驚きました。
今後の実地で、今回見学した清潔維持の技術を絶対に実践したいと思います。

透析センターでの2日間では、とても多くのことを学びました。
透析液が生成され、それを透析機に注入している場所の見学や、4時間透析の見学、そして、さまざまな教育ビデオを見ました。
さらに、デモ透析機を使い、プライミングやチューブのセッティングを練習しました。
看護師の皆さんが、患者さんのことをよく知っていることに驚かされました。
そして、ただ透析をするということ以上に、どのように患者さん達と関係性を作っているか知ることが出来ました。
例えば、患者さん達が4時間透析を受けている間、フットケアを行なったり、薬の管理を行なったり、患者さんが抱えているかもしれない心配事などを傾聴したりされていました。これについては、外来の透析患者さんへのケアでも同様でした。
私も透析で働かれている看護師の皆さんのように、自発的に動ける看護師になりたいと思います。




「海外からの研修生 3 」へ続く・・・

プロフィール

おかたに病院看護部

Author:おかたに病院看護部
奈良市南京終町にある、地域に根ざしたおかたに病院の看護部ブログです。
看護師のこと、職場のこと、看護学生のこと、看護体験のこと、キラリ看護・・・などなど、病院でおこるいろいろなことを書いていきたいと思います♪

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

リンク

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ