07
5
6
12
13
19
20
21
26
27
   

海外からの研修生 3

アメリカからインターンシップに来られた、Sさんのレポートの続きです。
詳しくは、「海外からの研修生 1」「海外からの研修生 2」をお読みください

201406kaigai2.jpg



やくしの里で3階ある全てのフロアーを見学しましたが、それぞれの階で利用者さんの特徴が違うことは明らかでした。
とても忙しく、各フロアーで違うタイプの利用者さんがいたけれど、いろんな体操や利用可能なリハビリテーションをしている皆さん、そして、各フロアーの日課を知ることは楽しいものでした。
1日だけでしたが、何人かの利用者さんたちは、私を受け入れ、まるで昔から知っているかのように接してくれました。

あじさいや在宅訪問サービスは、これまでと全く違う経験でした。
それぞれの患者さんが、おかたに病院の医療サービスを受ける一方で、介護ベッドを家に設置し、ヘルパーや家族の助けを得ながら自立した生活をしているところを観るのは興味深かったです。
ドクターも看護師さんもとてもフレンドリーで協力的でした。
ドクターのなかには、私に患者さんの異常心音を聞かせてくれたり、私の知らない医療用語や日本語を調べ、英語に訳したりしてくれました。
私は、患者さんの家に入らせて頂いたことや、そこで行われている看護を見学させていただいたことに感謝しました。

今回、色々な部署を経験するなかで、看護師さんが患者さんの個別治療プランのゴールを達成するために、どのように他職種と連携するかを学ぶことができました。
今回のインターンシップを現実にして頂いた看護部の皆様、同様に4・5階病棟オペ室、透析センター、やくしの里、あじさいのスタッフの皆様に感謝しています。
学んだ全てのことを、今後の看護学校生活、看護師資格試験の準備、そして看護師としてのキャリアを上手く始めることが出来るように活かしたいと思います。




岡谷会看護部としても、海外からのインターシップを受け入れるというのは、初めてのことでした。
期間も長く、どんなプランにしようかみんなで悩み、話し合い、相談をしました
Sさんからの視点を通して、私たちの医療・看護を振り返ることができたのは、とても良い経験になったと思います。
また日本に来る際は、おかたに病院に遊びに来てくださいね

プロフィール

おかたに病院看護部

Author:おかたに病院看護部
奈良市南京終町にある、地域に根ざしたおかたに病院の看護部ブログです。
看護師のこと、職場のこと、看護学生のこと、看護体験のこと、キラリ看護・・・などなど、病院でおこるいろいろなことを書いていきたいと思います♪

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

リンク

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ