11
1
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
22
23
24
26
27
29
   

生活保護学習会

11月9日(水)午後、エルトピア奈良にて「生活保護学習会Ⅳ」(ソーシャルワーカー部会主催・岡谷会教育委員会・社保闘争委員会共催)を開催し、40名が参加しました。

テーマは、「受療権・生存権を守るために、通院交通費について考える」です。
吉田病院・地域医療連携相談室ソーシャルワーカーの赤山泰子さんと、奈良県生活と健康を守る会連合会事務局長の飯尾大彦さんを講師に招き、お話を聞きました

seikatuhogogakisyuukai.png

赤山さんから、生活保護の8つの扶助の内の通院交通費(移送費)の位置づけ・根拠・意義などについて分かりやすく説明され、現在行っている移送費裁判について紹介されました。
飯尾さんからは、申請相談を行った際のことや裁判について話されました。

講演の中で、緊急小口資金(無利子の貸付制度)について、保護課のケースワーカーから「支給できるかどうかはどれだけ米が残っているかで判断する」と言われたという話がありました。
米さえあれば生活できるのか、憲法25条の「健康で文化的な最低限度の生活」はそんなものなのか、そのような発言をすることの重大性を理解して言っているとすれば大いに問題がある、と訴えておられたことが印象的でした

プロフィール

おかたに病院看護部

Author:おかたに病院看護部
奈良市南京終町にある、地域に根ざしたおかたに病院の看護部ブログです。
看護師のこと、職場のこと、看護学生のこと、看護体験のこと、キラリ看護・・・などなど、病院でおこるいろいろなことを書いていきたいと思います♪

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

リンク

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ