FC2ブログ
   
08
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

水俣病検診での深イイ話

おかたに病院・医療安全担当師長のHです。
私は先日、水俣病集団検診に行ってきました。

医師・看護師・SW・事務など、近畿各地だけでなく全国から民医連の職員が集まって、調査にあたりました。
毎日業務で忙しい中、こんなにたくさんの方が休みを削って来られていることに驚き、民医連の底力を感じました。

20150621 minamata

水俣病の診断書はとても細かい内容のため、医師と看護師の2名でペアになって、患者さんの診察や検査にあたります。
私は京都から来られた医師とペアになりました。
医師はとてもていねいに、患者さんの身体を診られていました。
1人に約90分かけて調査していき、1人目が終わった頃、ちょうどお昼どきになりました。

201411 daikennsinn1
昨年11月水俣病大検診の様子(全日本民医連ホームページより)

調査の流れの関係で食事はそのペアで行くことになり、奈良民医連の1年目研修医とも一緒になりました。
1年目研修医が今どんな仕事をしているか、という話の中で、ひとりの医師が「介護保険の意見書を書いたことはある?」と聞きました。
研修医は、「まだないんです」と答えました。
その時に、その医師が「意見書を書くときは心して書くんだよ。その人の生活がそれで決まるものだからね」と静かに、でも力強く話されました。
昼食を食べながらの何気ない会話でしたが、その医師の患者さんに接する姿勢が垣間見えたような気がしました。

201411 daikennsinn2
昨年11月水俣病大検診の様子(全日本民医連ホームページより)

医療者側にとっては多くの書類の中の1枚ですが、その患者さんにとってみればたったひとつの大切な書類です。
忙しい中でも、その患者さんの人生を考えて書類を書こうという思いに、今回の水俣病検診に参加している姿勢を感じました。
そしてそういう思いを持った医師だからこそ、民医連の医師として働かれているんだなぁと思いました。

水俣病検診のなかで、ふと心に残ったできごとでした。


Secret

プロフィール

おかたに病院看護部

Author:おかたに病院看護部
奈良市南京終町にある、地域に根ざしたおかたに病院の看護部ブログです。
看護師のこと、職場のこと、看護学生のこと、看護体験のこと、キラリ看護・・・などなど、病院でおこるいろいろなことを書いていきたいと思います♪

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

リンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ