FC2ブログ
   
08
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

医師から教わる学習会( ..)φ

7月11日(土)におかたに病院で医系学生のための学習会を行いました📝
薬学生2名と看護学生16名の計18名が参加しました☺

学習会の内容は「症状から病気を知ろう(腹痛編)~内科医師から教わる解剖生理・病態生理~」
おかたに病院の副院長の水野医師が講師として学生さんに教えてくれました
IMG_20150711_140833.jpg


先生は図や絵を使いながら、時にはホワイトボードに書きながら熱心に説明してくれました
お腹を9つに分けてそれぞれの部位の説明や、それぞれの部位が痛むとどんな病気が考えられるのかを詳しく教えてくれました。
IMG_20150711_153227.jpg
さらに、「痛みの種類にも鈍痛やピリピリした痛みなど様々ある。また、最初は軽い痛みでも時間がたつと痛む部位が移動し、激しい痛みに変わることもある。患者さんを帰すときに、症状が変わる可能性をしっかり伝えてあげないといけない」と強調されました
正確な症状を知るためには看護師の最初の問診が大切と、看護師の役割の重要性もしっかり学生に伝えてくれました🌼


後半は9つの症例を使って、どんな病気が考えられるのかでクイズ形式で考えました
学生さんたちは、前半で学んだことを復習しながら、考えて答えていました
看護学生の1年生には少し難しい内容もあったようですが、みんな真剣に聞いていました
IMG_20150711_150632.jpg

先生が用意した資料がとても豊富だったので、今後の勉強に使いたいと言う方も多くいました(^o^)
教科書とはまた違う角度からの教え方でとてもわかりやすかったので、また頭痛編など他の内容でもぜひ学びたいと好評でした
先生がとても忙しくなりそうですが…笑
またいつかその期待に答えたいと思いますo(^o^)o

【参加者の感想】
・しっかりと解剖生理について理解しておくことが今後に影響が多いと再度感じました。腹痛といっても様々で、場所によって何種類もの疾患が考えられることがよくわかりました。
・たくさんの症例から学べたのが良かった。
・図を使っての説明や、1つ1つの症例を解剖と照らし合わせて説明してもらったのが良かった。
・医師だけでなく、看護師もチームとして患者を見守ることの大切さもわかりました。
Secret

プロフィール

おかたに病院看護部

Author:おかたに病院看護部
奈良市南京終町にある、地域に根ざしたおかたに病院の看護部ブログです。
看護師のこと、職場のこと、看護学生のこと、看護体験のこと、キラリ看護・・・などなど、病院でおこるいろいろなことを書いていきたいと思います♪

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

リンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ