FC2ブログ
   
08
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

若い世代が伝え続けていきたい~2015原水禁大会~

8月7日~9日に長崎で行われた原水爆禁止2015年世界大会に、岡谷会からは医師・看護師・事務など10名の職員が参加しました。
被爆者の話を聞いたり、分科会に分かれて学習したりと、核兵器や原発、安保法案などについて学びました。
おかたに病院の1年目職員の感想を紹介します。

20150806 原水禁1



開会総会での谷口稜曄さんのお話が1番印象に残っています。
16歳で被爆してから3年7ヶ月入院。
その内1年9ヶ月は常にうつ伏せだったため、床ずれで胸がえぐれ、心臓の鼓動が見えるそうです。
私は3年前にも長崎を訪れました。
その時、原爆資料館で目にし、忘れられない1枚の写真があります。
そこに写っていたのは背中が真っ赤に爛れた少年。
偶然にも、この写真に写った少年の70年後に出会い、直接お話を聞く機会に恵まれました。
被爆者が負った心身の傷の深さを改めて感じ、原水爆の被害を体験していない私が、その心の内を理解することは決してできないと思いました。
(医事課事務 T)



8月6日~9日に原水爆禁止世界大会に参加しました。
今年は戦後70年という節目の年で、被爆者の当時のお話を聞かせていただき、つらい、苦しいなどという言葉では言い表せないほどの思いや体験をされてきたことを改めて感じました。
当時の体験を話すということは勇気のいることだと思います。
被爆者の「戦争を繰り返してはならない」という強い思いを無駄にしないよう、私たち若い世代が伝え続けていくこと、訴え続けていかないといけないことを現地で学ぶことができました。
(4階病棟看護師 K)



原水禁世界大会に参加し、実際に被曝した方、2世の方などの関係者、様々な角度からお話を聞けました。
日本の方だけでなく、被曝による被害は世界に渡っていることを海外の方のお話で知りました。
原爆の恐ろしさ・悲しみ、様々な思いを抱えている方が今もなおたくさんおられることを感じました。
また平和公園に行き実際の原爆投下後の地層を拝見・原爆投下時間に現地で黙祷を捧げることができ、すごく良い体験ができたと思います。
(3階病棟看護師 I)


Secret

プロフィール

おかたに病院看護部

Author:おかたに病院看護部
奈良市南京終町にある、地域に根ざしたおかたに病院の看護部ブログです。
看護師のこと、職場のこと、看護学生のこと、看護体験のこと、キラリ看護・・・などなど、病院でおこるいろいろなことを書いていきたいと思います♪

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

リンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ