FC2ブログ
   
08
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

発表が明日の活力に~奈良民医連学運交~

11月15日(日)に、2年に1度の企画として、第15回奈良民連学術・運動交流集会が開催されました。
場所は橿原市にある奈良県社会福祉総合センターです。
奈良県内の民医連4法人から、会場の定員いっぱいの約480名が参加しました。

20151115 gakuunnkou (1)
座長を務める富永医師と村尾副総師長

全部で86演題もの多くの発表がされました。
師長室からも、看護学生担当の発表を行いました。
奨学生数が毎年10人規模で増えていること、人数増加に合わせて、看護学生の研修の内容を病棟・看護部以外にも広げていったことなどを話しました
共同組織と法人全体で取り組む後継者確保の活動を、これからも頑張っていきたいと思います。
同じ分科会では、医学生奨学生2名が、奨学生合宿の取り組みや 医学生ゼミナールについて発表していました。
医学生さんが来ているとあって、みんなの視線はそちらに集中
今後は、看護学生にも参加してもらいたいな、と思いました。

今回のテーマは、「語り継ごう・平和への思い、守り抜こう・いのちの平等 戦後70年の超高齢化社会を見据えて」です。
記念講演は、本田宏氏(外科医、NPO法人医療制度研究会副理事長、元済生会栗橋病院院長補佐)による「医療崩壊と戦争法の切っても切れない関係」でした。
ジョークを交えながらのとっても楽しい話で、日本の医療の現状を知ることができました。

20151115 gakuunnkou (2)

看護部からは他にも、
高畑診療所師長
「在宅認知症高齢者の治療や生活に関わる方針決定への診療所看護師の関わり」
3階病棟の皮膚排泄ケア認定看護師
「NPPV装着時のMDRPU予防におけるマスク・創傷被膜材の検討」
透析センター師長
「肺がんで余命1年と告知を受けた透析患者への看護~死のつらさに直面している患者への看護を通して~」
4階病棟の3年目看護師
「終末期患者、家族に寄り添った支援とは
などの発表がありました。

いろんな取り組みの発表を聞き、また明日からも頑張ろうと新たな気持ちで会場を後にしました

Secret

プロフィール

おかたに病院看護部

Author:おかたに病院看護部
奈良市南京終町にある、地域に根ざしたおかたに病院の看護部ブログです。
看護師のこと、職場のこと、看護学生のこと、看護体験のこと、キラリ看護・・・などなど、病院でおこるいろいろなことを書いていきたいと思います♪

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

リンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ