FC2ブログ
   
08
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

看護介護活動研究交流集会 in 新潟 1

10月23日、24日に新潟で、全日本民医連主催の【第13回看護介護活動研究交流集会】が行われました。
おかたに病院からも演題登録し、なんと5名も演題通過
見届け隊も含め、総勢7名で奈良から新潟に飛び、交流集会に参加することができました。
今回の看護介護活動研究交流集会のテーマは『すべての生命が輝く未来のために』と題され、全国から900人参加の実践交流となりました。

201610 新潟 (5)

交流集会は全体会と分科会、ポスターセッションに分かれていて、我々7名もまず全体会に参加。
運営委員長のあいさつでは、昨年強行採決された安保法制、戦争法にふれ、「命に向き合い、命を大切にする私たちだからこそ、命を軽んじる戦争政策に反対を」と呼びかけがありました。
また、「厳しさを増す現場だからこそ、民医連の看護・介護の輝きを意味づけ、可視化し、伝えよう」とも話がありました。

普段は本当に忙しく現場で過ごしている我々にとって、“戦争法の話”がどこか遠く感じる部分があります。
でも今回、現場を離れて新潟に来ている時間は、
“戦争する国にしないために自分には何ができるのか”
“未来の子供たちに戦争しない国のまま託せるようにしなくては”
と改めて考えさせられる時間となり、心にしっかりその思いを刻んでおこうと感じる時間にもなりました。

         

記念公演はハンセン病回復者の森本美千代さんより「ハンセン病を生きて~尊厳回復の願いと私のたたかい~」と題してお話しがありました。
ハンセン病が発症して以降、病気が治まっても、“ハンセン病にかかった”という事実を家族以外に知られぬようにひた隠しにしながら生きていた会社員時代、また再発により、特定の保養所での生活(住む場所の制限)や、社会の中での差別、そしてハンセン病の女性は子供を産むことも禁じられる日本の間違った政策などについて語ってくださいました。
保養所で出会った奥様とともに歩んできた厳しい体験を聞きながら、“国の方針で、知らないままに人を傷つけていること”が世の中にはたくさんあるんだと強く感じました。

人の尊厳を守るということは大切であるとわかっていながらも、国の方針や無知ゆえに自分も“人の尊厳”をいつのまにか傷つけているかもしれません。
今後、気を付けながら看護師として頑張っていこうと思いました。

②に続く…


Secret

プロフィール

おかたに病院看護部

Author:おかたに病院看護部
奈良市南京終町にある、地域に根ざしたおかたに病院の看護部ブログです。
看護師のこと、職場のこと、看護学生のこと、看護体験のこと、キラリ看護・・・などなど、病院でおこるいろいろなことを書いていきたいと思います♪

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

リンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ