FC2ブログ
   
08
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

健康ミニ講座「内臓脂肪と肥満について」

おかたに病院の前にあるさくら診療所のフィットネスあおがきでは、毎月健康ミニ講座を行っています(*^_^*)
11月のあおがき健康ミニ講座は、「内臓脂肪と肥満について」です
まず、参加した方に体脂肪計で測定してもらいました
今回使用したのは家庭用の体脂肪計ですが、内臓脂肪レベルもわかるタイプのものです
測定した数値を表にあてはめて、「自身がどのタイプなのか」を内臓脂肪が多いのか知って話を聞いてもらいました(^∇^)

太っているタイプでも体脂肪・体重ともに多い『肥満』と、体重多め・体脂肪少なめ筋肉量の多い『かた太り』に分かれます。
痩せている人は、体脂肪の多い『隠れ肥満』タイプの可能性もw(゚o゚)w
タイプに合わせた対策が必要です

内臓脂肪は、脂質異常症や糖尿病、高血圧などの原因の1つとなり健康に影響することがわかってきました。
複数の疾患が重なることで動脈硬化が急速に起こりやすくなります
血圧や糖尿の治療をすることは、その病気自体は数値的にもよくなるでしょうが、根本にある内臓脂肪を減らさないとまた新たな疾患がおこるリスクをかかえたままになってしまいます

16 11月健康ミニ講座1

内臓脂肪は、つきやすいが落としにくいという特徴があります。
男女別では男性の方がつきやすく、女性は、女性ホルモンが内臓脂肪の蓄積を防いでくれる性質がありますが、加齢によって女性ホルモンが減ってくると男性に似た体形になってくるので要注意です

内臓脂肪を減らすために生活習慣を見直しましょう
食事では過食や高脂肪などが原因になり、必要以上にカロリーを摂ることは内臓脂肪を増やすことにつながります
欠食はその次の食事でエネルギーの取込みが良くなり、内臓脂肪が蓄えられやすくなります
また、内臓脂肪を減らす働きのある成分を多く含む大豆食品を積極的に摂るようにしましょう
最近は情報番組が多く脂肪を減らす食品やサプリなども色々あると思いますが、まずは1~3ヵ月試してみて効果があらわれなければ、次の食品を試すというようにしましょう

運動はお腹に肉がついているので、腹筋と思われる方も多いと思いますが、腹筋は直接減らすものではなく筋肉をつけて代謝を上げ減らすことにつながるので時間がかかります(´Д`*)
一番良い運動はウォーキングです
通常よりも少し早いペースで、ウォーキングして脂肪を燃焼させることが効果的です
時間も短時間ではなく30分から1時間が目安です(^_-)-☆

16 11月あおがき健康講座2

続けることが大事です(^-^)
自身では腹囲を測る習慣をつけましょう
腹囲が1cm増えると脂肪が約1kg増えたことになりますよ( ‘o’)

次回は12月5日11時~『効果的な運動』です
ご参加お待ちしております
来年度の健康ミニ講座で講座を担当して下さる職員も絶賛募集中ですので、よろしくお願いします(^O^)/

文責:あおがき 溝口
Secret

プロフィール

おかたに病院看護部

Author:おかたに病院看護部
奈良市南京終町にある、地域に根ざしたおかたに病院の看護部ブログです。
看護師のこと、職場のこと、看護学生のこと、看護体験のこと、キラリ看護・・・などなど、病院でおこるいろいろなことを書いていきたいと思います♪

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

リンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ