05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

医系学生のための心電図学習会

2月25日(土)に、おかたに病院で医系学生のための学習会を行いました
当日は、看護学生18名・薬学生3名・医学生1名の計22名の参加がありました

今回の学習会の内容は、学生さんから苦手という声が多かった「循環器の解剖生理」についてです
胸痛を訴える患者さんが来たら、どう診断するのかという視点で学習しました(^-^)
講師は副院長で内科の水野渉医師でした
17.2.25 医系学生学習会1

学習会の前半は「胸痛診断のポイント」「胸痛をきたす疾患」などについて、症例も紹介しながら説明してくださいました
胸痛をきたす主な疾患はまず、循環器系(心臓、大血管)と非循環器系(呼吸器、消化器、胸壁、臓器に原因のない胸痛)の2つに分けて考えます。
胸痛診断のポイントは、急性発症(数10分~数時間前)、亜急性・持続性(数時間~数日前)・反復性、慢性のもの(※最近になって強さや頻度が急に増した場合は急性に含める)かを把握することが大切です。
この中でも特に緊急性の高いものとして、急性冠症候群(不安定狭心症、急性心筋梗塞)大動脈解離、肺血栓塞栓症、緊張性気胸をあげられ、1つずつどんな症状がみられるのかなどを詳しく説明してくださいました

学習会後半は心電図にしぼって学びました
まず前提として、
「心電図は心臓の電気的活動を記録表示したものであり、ただそれだけのもの」
「心電図とその患者さんの臨床的状況と関連づけるのは、心電図を読む者がすること」

という2点を理解しておくように先生は説明されました(´∀`*)
そして的確な心電図診断には、
①患者の年齢、また心電図が記録された理由など臨床的背景を考慮すること
②現在なんらかの異常がみられ、それが急性である可能性がある場合、以前の心電図と比較し解釈する
という2点が大切です
以上のことをふまえてから、まずは心電図に表れる各波形が、心臓のどんな刺激伝導を表しているのかを学びましたo(^▽^)o

12誘導心電図

そして、心電図解析の第一歩として、心電図から心拍数と調律を読みとる方法や、心拍数と調律の規則性の有無を読みとりそこからどんな疾患が疑われるのか、その考え方を学びました
さらに、不整脈の疾患として「心房細動」「心室細動」「洞不全症候群」「房室ブロック」などの症状も学び、どんな波形になるのも心電図を提示しながら説明してくださいました
17.2.25 医系学生学習会2

難しい内容も多かったですが、心電図だけをじっくり学べる機会は貴重で、学生さんも前より理解できたという声がありました
忘れないうちに復習しながら、様々な心電図の波形を見て、心電図に慣れておきましょう!(^○^)
Secret

プロフィール

おかたに病院看護部

Author:おかたに病院看護部
奈良市南京終町にある、地域に根ざしたおかたに病院の看護部ブログです。
看護師のこと、職場のこと、看護学生のこと、看護体験のこと、キラリ看護・・・などなど、病院でおこるいろいろなことを書いていきたいと思います♪

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

リンク

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ