FC2ブログ
   
11
2
3
4
5
6
7
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

2018年4月健康ミニ講座

4月の健康ミニ講座は、
『頻尿を予防する食事』をテーマに
管理栄養士・早川さんにお話をしていただきました♪(o・ω・)ノ))

頻尿』や『尿漏れ』はデリケートな問題ですが、
悩んでおられる方や興味を持っておられる方がたくさんおられ、
さくら診療所の患者さんやあおがきの利用者さん、
介護予防教室に参加されている方等、23名の参加がありました
先月の『骨盤底筋トレーニング』と合わせて来ていただいた方も
半数ほどおられました(ou(工)u)ノ

20184月ミニ健康講座1


「これさえ食べれば絶対に尿漏れや頻尿が治る」
というような特効薬のような食べ物はありませんが、
頻尿を引き起こしている原因を少しでも改善できれば、
間接的に尿漏れや頻尿の症状を改善できる可能性はあるということで、
食事に関する注意点をお話ししていただきました

『頻尿を予防する食事』
◎膀胱を刺激する食品を控える
・辛味の強い香辛料:唐辛子、わさびなど
・カフェインを多く含む食品:コーヒー、濃い緑茶、コーラ、栄養ドリンクなど
・カリウムを多く含む食品:さつまいも、バナナ、メロン、アボカド、牛肉(赤身)など
・アルコール:特にビール、ワイン
・酸味のある食べ物:酢の物、かんきつ類など

◎便秘を改善する
便秘になると腸に便やガスが溜まって、
膀胱を圧迫して尿漏れを引き起こす場合があります。
腸内環境を整える  
食物繊維 、水溶性食物繊維・・・わかめ、こんぶ、こんにゃくなど
不溶性食物繊維・・・穀類、豆類など
乳酸菌・・・ヨーグルト、乳酸菌飲料、ぬか漬けなど

◎冷え性を改善する
膀胱は副交感神経によって、膨らんだり、縮んだりしています。
体が冷えると、それが刺激となって膀胱は縮みます。尿
意を感じやすくなるためにすぐ膀胱が満杯となり、トイレに行く回数が増えます
・体を温める食品:生姜、にんにく、玉ねぎ、人参、魚類、牛肉など
・血行を促進するビタミンEを多く含む食品:かぼちゃ、サーモン、アーモンドなど

◎トイレの回数
トイレの回数を気にして水分を摂る量を減らしがちですが、
それが返って逆効果になる場合もあります。
水分摂取が少なすぎると膀胱にたまるおしっこの量が少なくなり、
少量の排尿を繰り返す傾向になりやすいと同時に、
尿が濃くなるために膀胱が刺激され、尿意が強くなるとも言われています。
また、脱水症状で体調が悪くなったり、
膀胱炎を引き起こす場合もあるので注意が必要です

◎前立腺肥大を防ぐ
前立腺が肥大すると排尿に関する様々な症状が現れ、
重症化すると膀胱内に尿が溜まっているのに排尿ができない状態となることもあります。
前立腺肥大の原因に関わっていると考えられているものに、食生活の欧米化があります。
また、亜鉛は前立腺に多く含まれるミネラルであり、
男性ホルモンのテストステロンの分泌を正常にする働きがあります。
・亜鉛を多く含む食品・・・牡蠣、カニ、牛肉、鯖缶など

20184月ミニ健康講座3

また、今年度から講座後の時間を利用して、
しあわせ薬局済美店・薬剤師による『薬の健康相談窓口』が開設されますヾ(・∀・)ノ
服薬に関することなど、気になることがある方はこの機会に相談することができます


あおがきでは4月27日から、なら健康友の会の会員対象で
尿もれ・残尿を改善できる体操教室』を始めます。
A.骨盤底筋トレーニング、B.初心者のひめトレの2コースあり、事前に予約が必要です。

20184月ミニ健康講座2



次回の健康ミニ講座は5月7日にヤクルトの方に来ていただき、
腸内環境の話』をしていただきます○o。(○゚ω゚)ノヽ(゚ω゚○)。o○
Secret

プロフィール

おかたに病院看護部

Author:おかたに病院看護部
奈良市南京終町にある、地域に根ざしたおかたに病院の看護部ブログです。
看護師のこと、職場のこと、看護学生のこと、看護体験のこと、キラリ看護・・・などなど、病院でおこるいろいろなことを書いていきたいと思います♪

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

リンク

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ